ケンタッキーフライドチキンの主力商品「オリジナルチキン」の消費量が県民1人当たり全国一の沖縄県。クリスマスだけでなく、正月、入学祝いにも欠かせません。白米と一緒に食べるという独自の文化も生まれています。日本ケンタッキーフライドチキンの近藤正樹社長は、このような沖縄の現状や今後の戦略についてどう考えているのでしょうか。

チキンを前に笑顔の女の子=18日、チャタンハーバーブルワリー&レストラン

■ゲートボール大会にも協賛

ー2014年に社長に就任してから6年、沖縄県民のチキン愛をどう捉えていますか。
 
 「昨年、首里城が炎上して心を痛めていました。働いている方の激励とお客様への感謝も込めて、昨年のクリスマスの24,25日は沖縄県内の12店舗を回ったんですね。たくさんの予約をいただいて、その上、その日に買いに来てくれた方をはじめ、ドライブスルーでも行列ができていた。誕生日、入学祝いでもケンタッキー。『のし』があるのもほぼ沖縄だけで、売上げもオリジナルチキンも人口比では一番の県。沖縄は、ケンタッキーを日常に取り入れてくれています」

日本ケンタッキーフライドチキンの近藤正樹社長=1月、チャタンハーバーブルワリー&レストラン

ー日本にケンタッキーが上陸して今年で50年を迎えますね。周年で考えている仕掛けはありますか。

 「今年は東京オリンピックがあるので、インバウンドの対応にキャッシュレス決済を強化します。ただ、ケンタッキーの店舗があることにそもそも気付いてもらわないといけません。そのために、インバウンドの方がよく閲覧、検索するグルメサイトや観光サイトなどでPRしていきたいと考えています。海外旅行中に知っているお店を見つけると安心しますよね。国産のフレッシュなチキン、世界的ブランドの安心感、和食より安心できる食事、日本だけの限定メニュー『和風チキンカツサンド』をアピールしていきます」

ー沖縄だけの仕掛けも考えていますか。

 「沖縄は車社会。店舗にも車で来てくれる方が多いので、テレビCMはもちろんですが、ラジオCMをもっと活用していきたいですね。他県とは違う戦略です。沖縄では年末の納会などでもケンタッキーのケータリングを活用してくれているので、こちらも継続してアピールしていきます。ゲートボール大会の協賛も始めています。沖縄の高齢者の方もケンタッキーのチキンを喜んでくれています」

ゲートボール優勝チームに配られるバーレル(提供:KFC)